豊洲5丁目(東雲橋脇)受動喫煙問題について

豊洲5丁目の東雲橋の脇(NBF豊洲キャナルフロントの晴海通り側)では、通行人や当該オフィスの従業員、通り掛かりのタクシーの運転手などによる路上喫煙がひどい状態です。
 私のところにも区民の皆様や、すぐそばにある保育園の園長さんからも受動喫煙対策に関するご要望が大変多く寄せられており、昨日、区役所の責任者を帯同して土地管理者である東京都第五建設事務所の責任者へ対策の申し入れをして参りました。
 以下、過去からの経緯や今後の展開についてご報告申し上げます。

DSC_9713
喫煙者の様子
DSC_9851
問題となっている場所

(道路脇の民地へ灰皿を設置している方の言い分)
※現在も当該場所の木造建物に居住中
・以前タバコ販売業を営んでおり(現在は契約が切れて自動販売機でもタバコの販売は行っていない)、灰皿を設置するのは、自身の商売を支えてきてくれてきた喫煙者に対する恩返し(ボランティア)である。
・昔からこの場所でタバコを販売してきており、付近には喫煙者も多くいた。後から住まわれた住民が受動喫煙について文句を言っているが、私が先住民である。

(区役所の折衝状況)
・従前より直接お会いして灰皿の撤去を要望するも、上記理由により固辞。聞く耳を持たれない。
・喫煙者に対する注意喚起看板の設置について、ようやく承諾を得られて江東区が以下のとおりに設置。(効果は皆無ですが、、、)

DSC_9852
現地の注意喚起看板

(条例などの確認)
・江東区は条例で「歩行喫煙ならびにタバコのポイ捨て」が禁止されており、路上に立ち止まった喫煙を規制する法的根拠がない。
・渋谷区や新宿区、中央区、千代田区のように条例で「路上喫煙禁止」とするには、それなりの公衆喫煙所を整備する必要もあるが(喫煙場所整備が前提)、公衆喫煙所の整備には近隣住民からの強い反対が懸念されるため、現実的ではない。
・東京都の受動喫煙防止条例により多くの飲食店が喫煙不可となったため、喫煙する場所を失った喫煙者が公園や道路上で喫煙してしまっている実態がある。
※公衆喫煙所等を整備した場合でも、スペースに入りきれない喫煙者が外のスペースへはみ出して喫煙することが懸念される。(以下の写真は新橋の様子)

DSC_9840
喫煙所からはみ出して喫煙する様子
DSC_9838
喫煙所からはみ出して喫煙する様子

(現地の対策について)
・仮に、パーテーションなどを設置して受動喫煙対策を施した場合、喫煙場所を提供することにもなってしまい、さらに多くの喫煙者を呼び込んでしまう恐れがある。
 また、上記写真のような状況も懸念される。
・当該場所は運河沿いで風が強く、パーテーションを設置する場合にはしっかりとした土台の工事が必要となるが、当該場所は「橋台敷」(きょうだいじき)と言って、東雲橋の架け替えの際に仮設橋の整備等に必要なスペースとなり、行政として固定物を設置することができない。

(今後の方策について)
・江東区としては、直接灰皿設置者にお会いして灰皿撤去のお願いを続ける、というのが基本スタンス。(深川消防署との帯同訪問も実施する)
・江東区として、もっと目につきやすい注意喚起看板を設置する。(今後予算取りをする)
・土地管理者の東京都として、別途注意喚起看板を設置する。(以下の写真の通り、本日設置されましたが、効果は皆無ですね、、、)
・土地管理者の東京都として、当該場所の清掃回数を増やすなど環境保全に努める。
・NBF豊洲キャナルフロントに入居している企業に対して、従業員に対する路上喫煙禁止を強く要望する。また、当該ビル内に設置されている喫煙所の利用を徹底させる。(私も所属している青少年対策豊洲地区委員会など、複数の地域団体からの要望活動を実施できないか早急に検討する)
・近隣の保育園から、灰皿設置者に対して灰皿撤去の要望書を提出する。(幼稚園長から要望書を提出したい、とのお話をいただいております)

DSC_9856
東京都が4/28に新たに設置した注意喚起看板
DSC_9850
現場のポイ捨ての状況

(まとめ)
・上述のとおり、灰皿は民地に設置してあるために撤去を強制することができないことに加えて、路上喫煙を禁止する法的根拠がないため、現時点では灰皿撤去について設置者のご理解を得ることが唯一の方策となります。
 しかしながら、受動喫煙による健康被害も看過することはできず、できることから早急に、根気よく、あらゆることをやっていく、という結論であります。
今後も様々な方策で行政、地域団体とも連携してこの問題に対しては切れ目なく取り組んで参りますので、皆様方におかれましても良い知恵やご支援をいただける場合には、是非ともご連絡をいただきたいと存じます。

 

東雲1丁目の交通安全対策を施工しました!

東雲1丁目のWコンフォートタワーズ前の道路の中央に、違法駐車対策のために以前設置されていた赤いポールがいつの間にか撤去されている。
 撤去されたために横断歩道の脇に駐車する車両も多くなり、歩行者の見通しも悪くなり大変危険であり何とかして欲しい、とのご意見をいただきました。

 そこで早速撤去された理由を調査したところ、近隣のマンションの管理組合から「朝や夕方の時間帯に保育園の送迎バスが園児の乗降中に一時停車することがあり、赤いポールがあると追い越しが出来ずに渋滞するため撤去して欲しい」とのご要望で撤去した、とのことでした。
 しかし、横断歩道の歩行者が危険にさらされることは看過できないと考え、横断歩道の脇にだけ再設置することを要望し、先日施工が完了いたしました。

 歩行者の安全の確保を目的とした再設置であり、近隣の皆様方におかれましてもご理解賜りますようお願い申し上げます。
 また、道路上へ長時間の駐車などはご遠慮いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

DSC_9726
再設置前の様子
DSC_9834
再設置後の様子
DSC_9833
再設置後の様子

高齢者(65歳以上)のワクチン接種について

江東区の高齢者(65歳以上)に対するワクチン接種については、5月16日(日)から開始されることが決定いたしました。
 なお、予約(電話およびWEB)による予約は、5月6日(木)から開始されます。

 効率を重要視し、当面は集団接種といたしますが、ワクチンの供給状況に応じて区内約180病院にて個別接種を開始する予定です。
該当者には、4月22日(木)にワクチン接種券を発送させていただきますので、ご確認ください。

 詳細は、江東区のホームページでお知らせいたします。また、4月21日(水)付けの江東区報に掲載する予定です。

20210413ワクチン接種券
ワクチン接種券

【条件付き開催】第33回、第34回区政報告会のお知らせ

毎年3月、7月、11月に実施している私の区政報告会ですが、過日お知らせのとおり、3月は新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み「延期」とさせていただきました。
本日現在は緊急事態宣言は解除されておりますが、今後も予断を許さない状況に変わりはありませんので、緊急事態宣言など発令されていないことはもちろん、状況を鑑みながら、感染予防策を万全に以下の日程で区政報告会を設定させていただきます。
 なお、開催可否につきましては6月1日に判断をして、本ホームページにてお知らせいたします。
★参加費無料、小さなお子様連れ大歓迎です!

【感染予防策】
・マスクの着用をお願いいたします
(公職選挙法の定めにより会場でマスクの配布はできません)
・会場の机、椅子などは事前に除菌いたします
・最前列は空けてお座りいただきます
・出入口は常時開放し換気に努めます
・入室時の検温にご協力ください(37.5度以上の場合には資料をお渡しさせていただき入室はご遠慮いただきます)
・入室のお出迎え時、退室のお見送り時の握手は控えます
・ご欠席の場合でご希望があれば後日資料をお届けいたします

【報告会の概要】
・令和3年度の予算案の概要
・令和2年度の補正予算の概要
・ワクチン接種の最新情報
・オリンピック・パラリンピックの最新情報
・臨海部を中心としたまちづくり
・その他、区政の最新情報

(第33回)
日時:令和3年6月13日(日) 午後6時30分~8時 
                  ※午後6時15分開場
場所:豊洲シビックセンター 8F 第2研修室
  (江東区豊洲2-2-18)

(第34回)
日時:令和3年6月14日(月) 午前10時~11時30分 
                  ※午前9時45分開場
場所:古石場文化センター 2F 第1研修室
  (江東区古石場2-13-2)