パラリンピックの学校観戦中止と区立幼稚園、小・中学校、義務教育学校の臨時休業について(状況ご報告)

8月24日の午後、パラリンピックの学校観戦の中止に加えて、8月25日から9月3日までの間、区立幼稚園、小・中学校、義務教育学校を臨時休業(休園、休校)とすることが江東区から発表されました。
 臨時休業については私も寝耳に水であったため、昨日区役所の幹部(副区長他)と私が現在所属している自民党との意見交換会がありましたので、 以下、聴取した内容をご報告申し上げます。

【パラリンピックの学校観戦中止について】
(中止決定のプロセス)
・8月24日に教育委員会を開催して、最終決定をした。 

(中止決定の理由)
・東京都の方針で、オリンピックの学校観戦は中止にしていた経緯がある。
・7月、8月で、10代や10代未満のこども達の感染が激増してしまったことが大きな要因。
→とりわけ、こども達間の感染が顕著となって表れた(デルタ型の影響と推察)
・こども達のみならず、その他区民の感染者も激増している。
・初めて施設内に入る競技会場で、引率者が万全の感染症対策が実施できるか不安もあった。
・中止を表明する自治体が多くなっていた。
→本日現在の都内の観戦実施予定自治体:渋谷区、杉並区、新宿区、八王子市のみ 

(私見)
・学校休業も同時に検討する中で、パラリンピックの学校観戦を実施する、という選択肢が狭まったのでは、と推察される。
・オリンピック・パラリンピックの10の競技会場がある江東区で学校観戦を中止することは、苦渋の決断であったであろう。 

【区立幼稚園、小・中学校、義務教育学校の臨時休業(休園、休校)について】
(中止決定のプロセス)
・8月24日に教育委員会を開催して、最終決定をした。 

(臨時休業の理由)
・上述の学校観戦中止決定の理由と同様に、感染拡大基調のため。 

(私からの申し入れ事項)
・仮に臨時休業(現在は~9月3日まで)の延長をする場合には、判断基準と時期を明確にして、保護者への通知は時間的余裕を持って実施すること。
・今回臨時休業した期間について、学習時間(遅れ)を取り戻すために、例えば冬期休暇を短縮する可能性があるのかなど、早期に検討をして保護者へ通知すること。
・区立中学校、義務教育学校(後期課程)は多くが臨時休業明けに前期期末考査が予定されているが、その実施時期について予定を翌週以降にするなど、特段の配慮をすること。 

(私見)
・突然の臨時休業の判断であったため、教育委員会としても休業中の体制整備など未決定の事が多いようである。
・今こそ、GIGAスクール構想で配備されたPCを活用して、切れ目のない教育環境の構築に努めることを期待したい。(教職員の皆様の底力に期待しています!)

 

 

パラリンピック聖火リレーの応援へ行きました!

今日は、公道走行が中止となったパラリンピック聖火リレーの応援へ!
 公園内でしたが、江東区選出のリレー選手の皆さんがトーチキスで聖火を繋がれました。
 ランナーのご家族もいらっしゃっていて、声援は送れないので、私も一緒に大きな拍手を送りました。

 大会開催にあたっては様々なご意見もありますが、私は「完全無観客のパラリンピック大会」開催を応援したいと思います!

DSC_0121
聖火リレーの様子
DSC_0092
トーチキスの様子
DSC_0046
スポンサーブースで(笑)
DSC_0050
スポンサーブースで(笑)
DSC_0073
スポンサーブースで(笑)

パラリンピックの学校観戦について(私見)

冒頭に、本件について私自身の態度表明を申し上げます。
無観客で開催されるパラリンピック大会自体には賛成、学校の授業における自由参加型の学校観戦には強く反対、です。
なお、私の次女が学校観戦の対象者であることを申し添えておきます。

【事実確認】
 そもそも、学校観戦は山﨑江東区長が強く実現を望んでおられました。事実、7月9日に閉会となった区議会本会議第2回定例会の閉会時の区長挨拶の中で、“萩生田文部科学大臣、橋本組織委員会会長、小池都知事に対して、山﨑区長自らが学校観戦の実現を電話で直接強く要請した”旨のご発言がありました。(江東区議会のHPの録画でご確認いただけます) 

【江東区教育委員会としての対応】
・8月17日に開催された教育委員会の臨時会で、学校観戦が“報告”されたとのこと。
→あくまでも“報告”であり、学校観戦実施の可否について審議を求めたものではないため、出席した教育委員の意向が反映されるものではない。
・保護者と教職員の代表でもあるPTA会長で組織されている江東区立小学校PTA連合会、中学校PTA連合会に対して、事前に何の相談・報告も実施していない。
→このような大きな判断が迫られる時こそ意見聴取をするべきであったのではないか。   余談ですが、私は平成24年度に小学校PTA連合会長のお役目をいただいておりましたので、その果たすべき役割については理解をしております。
※東京都教育委員会では8月18日に開催された臨時会で、出席した4名の教育委員全員が「感染リスクは計り知れない」として学校観戦について反対の意思表示をされたそうです。

【区議会としての対応】
・本年5月21日付けで、オリンピック・パラリンピック推進特別委員会に対して「オリンピック・パラリンピック競技を小中学校の子どもに観戦させる計画の中止・見直しを求める陳情」が出されており、6月23日に当該委員会で審議されたものの、結論が出されずに継続審議案件となっています。(結論を出さずに“保留”ということです)
→継続審議案件であるため、江東区として観戦させる、という意思決定前に再度当該委員会を開催して、区民の代表である各委員(所属する区議会議員)からの意見を聴取するべきであったと考えます。区民軽視、議会軽視と言わざるを得ません!
※私は今年度は当該委員会の委員では無いため、陳情審議に関わることができませんでした、、、

【児童・生徒の保護者宛に送られてきたメールについての私的見解】★私も保護者です
・8月17日の午後に観戦予定競技と日時の報告があり、自身のこどもを観戦させるかさせないか、8月19日の正午までに回答するように、とのこと。
→児童・生徒が移動に使用するバスや観戦チケット確保の都合もあったのでしょうが、検討する時間がほとんどない急な話で困惑しました。
・観戦しない場合には、学校または自宅での学習を選んでも欠席扱いにはしない、とのこと。
→観戦しなくても欠席にしないから心配しないで、ではなく、そもそも授業で実施すること自体がおかしいと感じました。
・移動手段は貸切バスとのこと。
→公共交通機関は利用しないから感染リスクは低い、と言いたいのでしょうが、バスに乗せること自体を懸念されている保護者がたくさんおられることの認識が薄い、と感じました。

【私が強く反対する理由】★箇条書きします
・人流の抑制が強く叫ばれている中、このタイミングで児童・生徒を動かすべきではない。
・多くの中学校がこの時期に予定していた修学旅行などの団体行動を先送りする中、本事業が実施されることについての整合性が無い。

・観戦した児童・生徒としなかった児童・生徒間に軋轢が生じることが明らかである。
・観戦したい意思があるにもかかわらず、保護者の承諾が得られずに観戦できなかった児童・生徒自身に心の傷が残ることが明らかである。(保護者が慎重、児童・生徒自身に基礎疾患がある、高齢者と同居している etc、、、)
・本当は感染が怖いから観戦したくないが、友人との同調圧力により観戦を選択してしまう児童・生徒が一定数存在すると考えられる。
・観戦する意義として挙げられている“共生社会の尊重”や“国際理解を育む”などは、学校の教職員の皆様の力があれば、教育的工夫をすることで自宅でテレビで観戦することでも達成できるはずである。(私は教職員の皆様の力を確信しています)

・公教育である区立小・中学校に在籍している児童・生徒に対しては、全員に等しく教育活動を実施するべきである。

【私個人の動き】
・8月20日に、教育委員会に対して、今からでも中止をするように強く申し入れを実施いたしました。

【今後江東区として実施するべきこと】
・当然ながら、今からの中止決定を強く要望いたします。
・観戦が実施された場合には、観戦しなかった児童・生徒(保護者も含む)に対してその理由を確認し、今後の教育活動に活かすように精緻な分析を実施して、その結果を広く公表するべきです。
・上述の陳情者に対して、誠意あるご報告を早急に実施するべきです。

【最後に】
 本日現在観戦実施予定日前であるため、今後観戦が実施されるのか中止されるのかは定かではありません。
 皆様方におかれましては、学校観戦を即刻中止にできない私に対して“力不足”というご批判もたくさんあろうかと存じますが、この場では私が把握している事実を、一部私的感情も交えながらご報告させていただきました。
   “観戦”しに行って“感染”が広がった、なんてシャレにもならないことが起きませんように、、、

木遣り橋のご通行にご留意ください!

8日にオリンピックが閉幕し、いよいよ今月24日からはパラリンピックが開幕予定ですね!
 観客の有無について本日現在では公式な発表はありませんが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑みると、パラリンピックも無観客の可能性が高くなってきたように感じています。

 さて、豊洲と有明を結ぶ「木遣り橋」は有明アリーナへ向かう観客の動線となるため、有観客となった場合には東側の歩道が観客専用となり、封鎖されてしまいます。
 上述の通り、現在観客の有無は未決定でありますが、遅くとも来週末頃には決定がされる見込みであり、仮に有観客となった場合には即時に歩道が封鎖されると思われます。

 つきましては、通勤・通学で木遣り橋をご利用される際には、観客の有無について最新の情報をご確認されるようにご留意ください。

 

20210813木遣り橋②
左が豊洲、右が有明
20210813木遣り橋①
ライトアップされた木遣り橋

スケートボード施設の設置を目指します!

様々なご意見が錯綜する中、現在東京オリンピック2020大会が開催されておりますが、先日、江東区出身で区内公立小・中学校を卒業された「堀米雄斗」選手が、スケートボードの男子ストリートで見事に金メダルを獲得されました!おめでとうございます!
現在江東区役所には、金メダルを称える張り紙がいたるところに掲示されております。

DSC_0021
掲示されているチラシ

 さて、スケートボードは若者世代を中心に楽しまれておりますが、堀米選手もインタビューで答えていたように、楽しむ場所が無いというのが現状のようです。
 江東区内の公園も元々はスケートボードを禁止にはしていませんでしたが、その遊び方で施設を損傷するケースが多発した為、残念ながら現在は多くの公園が禁止されています。
 私の地元の豊洲ぐるり公園にも多くの損傷個所が発見され、管理者による見回りが強化されています。

DSC_0134
豊洲ぐるり公園から対岸の選手村をのぞむ絶好のロケーション

 私の個人的な見解では、例えば喫煙者がポイ捨てや歩きたばこをしないように公衆喫煙所が設置されるように、スケートボードを楽しめる場所を設置して、そこで堂々と楽しんでもらえれば良いのでは、と考えています。
  コロナ禍で室内遊びが制限をされる中、屋外のスケートボードパークで若者達にノビノビと遊べる場所を提供するのも大人の役目ではないでしょうか。

 オリンピックのスケートボード会場となった有明アーバンスポーツパークを大会後も残すなど、あらゆる方策を検討していきたいと思います!